アコム増額できない人が新規申込できるカードローン

増額に落ちてしまうのは根本的な理由があります

 

「アコムから増額の連絡来ましたか?」

 

基本的にアコムで増額ができる方は以下に限定されます。

  1. 増額案内通知が届いている
  2. 利用歴は6カ月以上
  3. 滞納が一度もない
  4. 他社からの借入がない

アコムでは増額できる可能性のある方には増額の案内を送ります。もしあなへ増額の連絡が来てなくとも、滞納も多重債務もなく、初回申込時よりも年収を大きくアップさせていれば増額は可能です。通常の場合それがなければ増額は厳しいです。

 

アコム増額時の審査基準について

 

『審査項目は初回と同じですがその基準は厳しくなります。』

 

【増額時の主な審査内容】

  • 返済実績(アコム利用が6ケ月以上あり滞納がないか)
  • 信用情報(他社への滞納や多重債務になってないか)
  • 個人情報(年収・自宅・業務内容・保険など変更がないか)

 

例えばあなたが他人にお金を貸したとして、その方から「もっと貸して」と言われたらより慎重になりますよね?ローン会社も同じで、最初はすぐ貸したとしても、増額の申込に対しては審査もより厳しくなります。そのため、増額の申込をする時点で、年収や勤続年数が増えてないと、審査に落ちてしまう事は理解できると思います。

 

 

 

アコムで増額できない原因TOP3

 

『8割以上の方は同じ理由により審査落ちします』

 

【増額審査に落ちる主な原因】

  1. 初回申込から6ケ月以上経ってない
  2. 年収額が上がってない
  3. 増額の申請内容に正確さがない

 

しかし、上記に当てはまらなくとも増額ができないケースが多々あることも事実です。アコムでは審査基準について公表していないため、増額の審査が確実に通るかどうかは、ふたを開けてみないとわからないブラックボックスであるとも言えます。

 

 

 

要注意!アコム増額には最大のリスクがあります

 

『増額どころか減額〜さらには取引停止となる危険性もあります!』

 

【最悪のケースとなる方の特徴】

  • 申告内容を偽る
  • 滞納を繰り返している
  • 多重債務になっている

 

アコムで増額申込する場合、転勤などで年収や勤続年数が減ったりすると「限度額の引下げ」となることもあります。また内容を偽って申告をしそれが発覚した場合は「取引停止」となるので、気を付けなければいけません。とくに1度増額に断られた方は注意が必要です

 

 

 

アコム増額できない方が新たに借入する選択肢は2つ!

新たな借入をするには以下の方法があります。

 

選択1:アコムでの増額を再チャレンジ(難易度高)

 

一度断られた増額をもう一度申込む方法です。副業や業績アップなどで収入が増えた場合は増額審査に通る見込みがありますが、勤続年数の点からいえば最低でも6ケ月は間を空ける必要があるため、急ぎでお金を必要とする方には向いていません。

 

増額の再申請をすることができる条件
  • 年収の増加(昇進・業績アップ・副業等により)
  • 勤続年数の増加(最低6カ月以上)

 

アコム増額を再申請する時の必要事項
  • 収入証明書を用意する(直近2ヶ月の給与証明・源泉徴収票等)
  • 申告内容を正確に書く(収入額・勤続年数また電話番号は正確に)
  • 借入額をなるべく下げる(50万円までを目安にできるだけ低く)

アコムで増額を1度断られた方が、またすぐ同じ申告内容で申請するとく審査に落ちるのは確実です。またそれだけでなく短期間に何度も申込むことで評価が下がり、その方の信用情報にもキズが付くことになります。最低でも6ケ月の期間を空けることを推奨します。

 

選択2:他からの新規借入を申込む(難易度低)

 

増額申請による思わぬリスクを避けるなら、他社へ「新規借入」を申込むことをお勧めします。実際に申込んでみると、アコムでの増額申請と比べとてもテンポが速く、特に大きな問題が無ければ即日であっけなく融資を受けることができます。

 

新規借入の申込ができる条件
  • 現在アコム以外のカードローンで借入してない
  • 現在の借入額が年収の3分の1を超えていない

 

新規借入で必要となるもの
  • 運転免許証かパスポート(無ければ保険証+住民票等)

ローン会社も他社からの顧客を獲得することには力を入れており、一度他社の借入れ審査を通っている方は融資できる基本条件は満たしているとみなされ、借入れのハードルはぐっと下がります。

 

 

 

新規借入でオススメなカードローンはこの2つ

 

プロミス
最短1時間
金利(実質年率) 4.5%〜17.8%
借入限度額 1万〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

バレないノンバンク系ローン会社の中で「どこよりも金利が安い」のがプロミス。利用ポイントがたまったり2千円のプリペイドカードがもらえたり特典もいっぱい!
≫詳細ページ

レイクALSA

金利(実質年率) 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万〜500万円
審査時間 最短15秒
運営会社 新生フィナンシャル株式会社

 

 レイクALSAの強みは「無利息サービス」の期間が長いこと。頻繁にキャンペーンをしているので要チェックです。なるべく少額返済したい方におすすめ!
≫詳細ページ

 

 

 

プロミス・レイクALSAでの新規申込を成功させる3つのコツ

 

『アコムで増額できない方が他社で新規借入れする場合は、必ず守るべき鉄則があります。』

 

【WEB申込での確認事項】

  1. 申請内容を偽らない(年収・勤続年数・アコムからの借入額)
  2. 入力ミスをしない(電話番号や住所などの連絡先は特に)
  3. 希望借入額を極力抑える(50万円以下で少額ほど成功率UP)

 

 

他社新規借入した体験談(成功例と失敗例)

(22歳会社員男性)車が趣味の私は車のチューンナップと車検費用のために、1年前にアコムから50万円の借入れを申込しました。その時は入社間もなかっためか貰えた借入枠は30万円でした。3ヶ月程経ちそのうちの10万円を返していた時点で、あろうことか車をぶつけてしまい修理費のためにどうしてももう30万円の借入が必要となりました。でも借りれるのは枠内の10万円まで。私はあわててアコムへ増額申請をしましたが、結果はNG。まだ借りてから間もないから仕方ないのかなと思いましたが、ネット広告でよく見るプロミスへ物は試しに新規申し込みをしました。アコムの枠がまだ10万円あったので、プロミスへは20万円の希望額で申請をしたところ、なんと今度は50万円の枠を貰うことができました!もしかしたらボーナスが出たことと、収入証明書をこちらから提出したことがよかったのかもしれません。いま2つのカードを持っていますが、将来いざという時のために大切に保管しておきたいと思います。

(28歳パート女性)アパレル店勤務の私はファッションが趣味で、服やバッグなどの購入のために、渋谷のアコムから限度枠いっぱいとなる10万円の借入れしていました。返済は2回ほど遅れてしまったことありましたが、普通に利用できてました。あるときどうしても気に入ってしまった靴があり、アコムに増額申請したところ断られてしまったので、同じビル内にレイクALSAがあったので、藁にも縋る思いで申込んでみました。その結果は・・・却下でした。試しにプロミスにも申込んだところこちらも断られてしまいました。どうやら、滞納履歴があったことと、収入や勤続年数を多くして申請したことが原因かと思います。しばらくはちゃんと貯金して節約しようと思います....

 


アコムでの増額に関してならこちらのサイトでも詳しく述べています→かりーる.jp(アコム 増額